草加駅東口を出て、草加市役所や西友、マクドナルドへ向かう高砂緑の街商店街のメインストリートを歩いていくと、100円ショップキャンドゥ前で一際目立っていたタバコ屋さん。

『船戸たばこ店』が閉店するとの情報を友人のFacebookで知りました。

image
 


image
 

仕事帰りに訪れてみると、その情報は本当であり、青いネオンが何だか寂しく感じます。

禁煙ブームな世の中で、喫煙者にとってはオアシスと言えるスポットと言えます。

「店主であるおばちゃんが、タバコを買うお客様に差し上げるためのお煎餅や飴を近所の西友で袋いっぱい買っていた」

「葉巻を買える貴重な店だった」 

と、常連さんたちの閉店することへの寂しさがにじみ出るコメントも見かけました。

image
 

カウンター越しのおばちゃんの優しい笑顔も、もう見れないんですね...

今の世代でもう一度、顔の見える商店を作り出していかないと、何とも寂しい景観の世の中になっちゃいますね!